双子の場合の出産一時金

妊娠や出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えません。
ですから、出産にかかる費用は全額自己負担になります。

お金がかかるからと言って、
生まれてくる赤ちゃんを見殺しには出来ませんよね。

そんな場合のまとまった出産費用の一部をまかなってくれるのが、
「出産育児一時金」です。



出産育児一時金としてもらえる金額は
健康保険に加入していて保険料を払っている人であれば、
子供1人につき35万円が受け取れます。

双子の場合なら2倍の70万円となりますが、
この場合は、出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、
担当医から”多胎”と記入してもらうことを忘れないようにしましょう!
(子供の人数分の用紙が必要なこともあります)。

専業主婦やパートの方で、ご主人の扶養となっている方は、
ご主人の健康保険から出産一時金が支給されます。



勤務先の健康保険によって、
あるいは国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、
「付加給付」がついて35万円+αが給付される場合もあります。

ちなみに、妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも、
この「出産育児一時金」の支給対象になります。


スポンサード リンク

産休について
産休について
出産時の給付
出産に関する給付
組合の出産一時金
双子の場合の出産一時金

スポンサード リンク