産休について

出産一時金を考えると同時に、
産休について考えてみましょう。


産休の正式名称は、「産前産後休業」と言い、
働いている女性で妊娠している人は、
会社の規模に関係なく産休をとることが出来るのです。
社員のままで働き続けたいと願う共働きの奥さんにとっては
なくてはならない制度と言えるでしょう。

共働きのご夫婦で、現在はお子さんが居ない方は
この先で出産を迎える場合、
ずっと共働きを続けていけるのか?
重要な問題になると思います。



ここで考えられるのが、
出産するための産休と、育児のための育児休暇です。

出産する前の産前休業は、
自分で申請することになります。
そして、出産後の産後休業は、
8週間は原則として仕事をしてはいけない事になっています。

労働基準法で定められた産休ですが、
実際はあまり機能していないようです。
特に民間の中小企業あたりでは
辞めざるおえない環境になるとのことです。



実際に私の勤務していた金融機関では
出産時には退職することが
暗黙の了解となっていました。

産休のキチンとした会社であれば
出産育児一時金や、出産手当金もキチンとしています。


スポンサード リンク

産休について
産休について
出産時の給付
出産に関する給付
組合の出産一時金
双子の場合の出産一時金

スポンサード リンク