出産一時金と出産手当て

出産一時金は、出産育児一時金とも呼ばれ、
出産時の費用負担を軽減するための制度です。


出産には多額の費用がかかります。


勿論、出産後の育児にかかるお金もかなり凄いですが、
出産するだけで高額な費用がかかってしまうのです。


出産一時金と出産手当てについて考えてみましょう。


スポンサード リンク

出産

出産育児一時金や出産手当を考える時に
まず出産とは何かを考えてみましょう。


普通に生まれてきた出産は勿論ですが、
早産や死産の場合はどういう決まりごとになっているのでしょう?



健康保険の給付対象となる出産、
そして出産育児一時金の対象となる出産とは、
妊娠4ヵ月(85日)以降の出産(生産)、
早産、流産、死産、人工妊娠中絶を指します。

正常な出産は健康保険は適用できませんが、
その費用の補助という形で出産一時金が支給されます。
これを出産給付一時金と言います。

なお、異常出産の場合など病気として扱われる場合や
他の病気を併発したなどの場合には、健康保険の対象となります。



出産には多額の費用がかかります。
勿論、出産後の育児にかかるお金もかなり凄いですが、
出産するだけで高額な費用がかかってしまうのです。

通常は、自分で出産費用を捻出し
その後に出産一時金の請求をするのですが、
そのお金さえない方は生む事ができないのでしょうか?

そんな時は、出産費の貸付制度があります。
出産育児一時金は、出産後に請求し、支給されます。
当面の出産費用が必要な方のために、
出産費用の貸付制度を行っているところがあります。
基本的に貸付けは無金利で、
給付額(法定の35万円)の9割相当額(31.5万円)を上限とします。
給付金の支給が決定したときに貸付金の精算を行うことになります。


スポンサード リンク

産休について
産休について
出産時の給付
出産に関する給付
組合の出産一時金
双子の場合の出産一時金

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

スポンサード リンク